コレステロールを知る

運動

悪玉コレステロールが多くなることによって動脈硬化などを引き起こす可能性があります。減らす為ににも活用しておきたいのがサプリですが、口コミなどをチェックしながら比較して選ぶのが良いでしょう。

詳細を確認する...

生活習慣病を引き起こす

ジョギング

健康的な身体をキープする為にも気を付けておきたいのがコレステロール値です。コレステロールが増えすぎると、動脈硬化を引き起こしてしまう可能性があるので注意が必要です。

詳細を確認する...

不規則な生活の人は注意

夫婦

口にするもので身体はできる

人間の身体を作っているのは普段口にする食べ物です。この事は多くの人が知っていますが、実際に普段の食生活に気を遣えている人はかなり少ないと言って良いでしょう。食生活が乱れることによって、コレステロールが増え、脂質異常症や動脈硬化などの生活習慣病を引き起こしてしまう可能性があるので注意が必要です。特に肥満体型で中性脂肪が多い人や、飲酒や喫煙をする人、ストレスを多く抱えている人は悪玉であるldlコレステロールが増えやすいのですぐにでも生活改善をすることが大切です。普段の食事であれば脂質やタンパク質、炭水化物の割合に注意し、魚中心の生活を送るのが良いでしょう。しかし、食事だけでは必要な栄養素を補えない場合も多いので、サプリメントを活用するのも1つの方法です。

血液をサラサラにすることが大切

サプリメントを摂取してldlコレステロールを下げる場合は、できるだけ血液をサラサラにしてくれる成分を積極的に摂取することが大切です。現在話題になっているオメガ3脂肪酸もその1つとなります。他にも大豆製品や海藻、お酢にもldlコレステロールを下げる働きがあるので、サプリメントで摂っておくのが良いでしょう。サプリメントの場合は持ち運びできるので、旅行や出張、仕事場にも持っていくことができます。その為、自宅でなくとも栄養素を補給することが可能なのです。海藻に含まれるアルギン酸は悪玉コレステロールを体外へ排出する効果があるだけでなく、善玉コレステロールを増やしてくれる働きも持っており、お酢はldlコレステロールの生成を抑制してくれる効果があります。

効果的な成分

ダイエット

コレステロール値を下げる為にも、効果的な成分を積極的に摂取しておくのが良いでしょう。効果的な成分には、EPAやDHA、ナットウキナーゼなどがあり、これらはサプリメントでも手軽に摂取することができます。

詳細を確認する...